*

【映画の感想】 『ダークナイト』 宿敵”ジョーカー”の登場により闘いは加速する

バットマン ビギンズを超える面白さ

 

娯楽的でもあり哲学的でもある至高の映画

 

ダークナイト [DVD]

 

 

2008年公開の映画「ダークナイト」です。

前作「バットマン ビギンズ」に続く、監督クリストファー・ノーランによるバットマンシリーズ第二作。バットマンの名は冠していませんが、れっきとした続編です。

「バットマン ビギンズ」の記事はこちら

遂にバットマン因縁の敵ジョーカーが登場し、街の平和のために正義を行使するバットマンの苦悩と葛藤の物語。

前作の出来が予想以上に良かったために大きく膨れ上がった周囲の期待を、本作は軽々と超えてます。単なる娯楽映画としても楽しめますし、考えようと思えば好きなだけ考察できる深さもある、文句なしの映画。前作を観ていなくても楽しめますが、バットマンの心境の変化をより理解するために前作から観ることをオススメします。

簡単な感想としては

  • 冒頭の銀行強盗シーンからワクワクが止まらない
  • ジョーカーが不快で不気味だけどカッコイイ!悪役の中の悪役
  • やっぱり悪役は主人公をとことん苦しめる強さと狡猾さを持ってないとね
  • バットスーツ進化がすごく良いし、バットポットかっけえ!
  • 全く容赦のない展開の連続に文字通り息が詰まった
  • 鑑賞中はずっと、この物語どうなっちゃうんだろうという不安と期待でぐちゃぐちゃ
  • トゥーフェイスさんをそういう風に使ったか
  • ダークナイトという題名に納得
  • 完璧じゃないですか?この映画
  • 正義と悪についていろいろと考えさせられた
  • ただレイチェル役の女優が代わってしまったのが残念…

といったところです。

ちなみに筆者が通っている美容院のお姉さんは、「ダークナイト」はあんまり面白くなかった。同じノーランだったら「インセプション」の方が数万倍面白かったと言ってました。彼女が言うには「ダークナイト」は男性向けの作品なんだそう。どうなんでしょう、確かに男性の方がワクワクしそうな展開はいっぱいあるけれど、女性も楽しめると思うなあ。

あらすじ

依然として夜な夜な悪を懲らしめるバットマン。

街の人々からの認知度は上がり犯罪も幾らか減少したものの、正義を行使するために暴力を用いるその存在はすべての人間から好意的に受け入れられているわけではなかった。

そんな中、口の裂けたピエロのメイクを施した”ジョーカー”と名乗る男が現れる。多大な犠牲を出しながら様々な劇場型犯罪を連続して引き起こすジョーカーに、バットマンは次第に追い詰められていく……

みどころ

ジョーカーという存在

本作はジョーカーの物語でもあります。事実、公開前情報ではジョーカーがやたらとクローズアップされていたため非常に不穏な空気だったのを覚えています。

悪役の中の悪役。完成された悪。

目を逸らしたくなるような残虐行為もいとも簡単にやってのけて、耳を塞ぎたくなるようなエピソードも嬉々として話します。あの顔に捕まってナイフを口の端に当てられたときの恐怖といったらないですね。想像可能な範囲の痛みであるからか、そこまでグロテスクなシーンではないにもかかわらずやたらと恐怖心が煽られます。躊躇いもなく飄々と行われる殺人。まさに道化。もう怖いですこの人。

「バットマンがいたからこそジョーカーが現れた」ジョーカーはそう言い放ちます。覆面をして正義を行使するバットマンは街の人々にとっては一種の偶像です。正体のわからない正義はいつしか偶像として人々の心の中に定着しますが、正義の偶像化につられるようにして、その存在を偶像とする悪もまた産まれてきます。悪がなければ正義が産まれないように、正義があるからこそ悪もまた産まれる。

謂わばバットマンとジョーカーは表裏一体。

ダークナイト 特別版 [DVD]

自分が存在するからこそ、強大な悪を産んでしまったバットマンは苦悩します。ジョーカーはそこに漬け入るように凶悪な犯罪を繰り返し、バットマンの正義のあり方に常に疑問を投げかけて揺さぶります。心身共にズタズタに追い詰められていくバットマン。あまりの絶望感に、この物語どうなっちゃうんだろうと鑑賞中に何度思ったことでしょう。

果たしてハッピーエンドは訪れるのか?
ただのヒーロー物と思って観ていると、きっと大変な目にあいます。

言わずもがなジョーカー役のヒース・レジャーの演技は素晴らしい。かつてのジャック・ニコルソンに負けず劣らず完璧な演技をみせてくれました。「ブロークバック・マウンテン」で見せた抑圧された繊細な演技とはうって変わって、狂気にあふれた演技。惜しい人を亡くしてしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]

最近のアニメや漫画を見ていると、どうにも主人公側の強さを引き立てる役でしかない「ただの悪役」が多いなと感じることがあります。まあ悪役は所詮主人公の噛ませ犬ですから、そういう風に配置するのも正しいのかもしれませんが、どうにも正義側がうまく引き立ってないように思えてしまうんですよね。

強大な力を持って敵をバッサバッサと倒していく”俺TUEEEE”的作品が世に氾濫してますけど、あまりに正義が強すぎるのもどうかと思うこともたまにあります。水戸黄門とか半沢直樹的なテンプレに沿った勧善懲悪ならわかるんですけどね。やっぱり悪役が強ければ強いほど、主人公が苦悩すればするほど、物語に深みが出ます。

そう言った意味ではジョーカーは模範的悪役。

この映画は、正義と悪を題材にする作品のバイブルたり得るのかなと思います。

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)

 

テンポの良い展開

非常に濃密な2時間半。

ジョーカーが息をするように犯罪を重ねるせいで、物語の盛り上がりが何度も何度もやって来ます。一安心したら、次の犯罪。それも命からがら解決したと思ったらやっぱり終わってなかったりと。ジョーカーの起こす犯罪はどれをとっても規模が大きく、そのうちの一つでも取ってくれば一本の映画が作れそうなくらい。そんなのが次から次へとポンポン出てくるのでもう圧倒されっぱなしで、良い意味で長く感じる映画ですね。ふと時計を見たときに、まだ1時間しか経ってないのか!と筆者は驚いてしまいました。

きっと莫大なお金がかかったであろう盛大な爆発シーンも、しつこくない演出でテンポ良く見せてきます。一個の映像を色んなカメラワークで繰り返さず引き伸ばしを徹底的に排除するあたりとても好印象で、一つ一つの映像に絶対の自信を持っていると感じました。

無駄と思えるシーンもセリフも一切ない洗練された編集。

よくあれだけの内容を2時間半に詰め込んだなあ、と感心せざるをえません。

 

光の騎士ハービー・デント

やっぱり特筆すべきは、正義感あふれる地方検事ハービー・デントでしょう。

裁判という正当な方法で悪に堂々と立ち向かう彼は、ゴッサム・シティの市民から光の騎士(White knight)と呼ばれています。バットマンも彼の高潔さを認め、表の世界から世界を平和へと導く人物として期待しています。後は彼に全てを任せて、自分は身を潜めようと思うほどに。

ハービー・デントの得意技はコイントス。コイントスで物事を決めて運命が味方しているかのように見せる一種のパフォーマンスですが、彼の危うさがそこには隠されています。

バットマン ダークナイト ハービー・デント/トゥーフェイス コインセット

どんな人間も絶望により悪に染まる。完全な正義なんてこの世には存在しない。確固たる信念はいとも簡単に崩れ去る。憎しみは抑えられない。ジョーカーはすべてを見抜いた上で、その犯罪をもってハービー・デントの正義感をも試します。お前はどこまでその信念を貫けるのか?と。

バットマンの闇の騎士(Dark knight)と対比される光の騎士。同じ女性を愛し、同じ状況に追い込まれた彼らは何を思うのか。本作最大のみどころです。

ちなみにハービー・デントの服装、グレーのスーツと赤と青のストライプネクタイは彼の二面性を暗喩しているそう。コイントスといい独善的ゆえの危うさに注目してみると面白いです。

バットマンとジムの二人体制から、デントが仲間に加わったときは来た!これで勝つる!って感じなんですけどね。同じ目的を持って共闘しているはずのバットマン、デント、ジムの3人の正義観には若干のズレがあって、初めはちょっとした言い争いだけで解決するんですけど、それがいつしか取り返しのつかない隔絶を生んでしまう。いくらヒーローと呼ばれたところで、やっぱり皆人間なんですよね。まさに悲劇のヒーローです。

それにしてもトゥーフェイスのCGは生々しくて直視できないですねえ。

 

バットスーツ、進化

前作からバットスーツも進化します。

どうやらそれまでのスーツは重くて動きづらかったらしく、軽量化を測るために若干の強度を犠牲にして一新します。パッと見はそんなに変化が無いようにも見えますが、凹凸が強調されて筆者的にはスタイリッシュさが増していると思います。手裏剣が発射されるギミックもなかなか良いです。

スーツが変わって首が後ろに回せるようになったらしく、監督もそこを意識してアクションを撮っているとか。気になる人はスーツ変化の前後での首の動きに注目してみてみると面白いかもしれません。

相変わらずバットモービルはかっこいいんですが、今回は更にバットポットなる二輪バイクが颯爽と登場します。これがなかなかにイカしてます。

MAFEX BATPOD(バットポット)

上のフィギュアを見てみればわかると思いますが、タイヤがでかい!そして銃が前に突き出ている!このイカツさでマントをなびかせながら滑走する様は少年心を刺激されます。曲がるときに大きく車体を傾けるのもいいですね。他の装備同様、バットポットも実際に走れるように一から作り上げたと言うんだからすごい。こんな滅茶苦茶なバイク、走るようによく作れたなと。

装備に関する強いこだわりが伝わってきて嬉しくなります。

 

レイチェル役、変更

主人公の幼馴染でヒロインのレイチェル役の女優は、ケイティ・ホームズからマギー・ギレンホールに変更されました。

交代の理由はよくわかりませんが、筆者はとても残念でした。だってケイティ・ホームズ、知的で綺麗な顔立ちだったから。それに比べてマギー・ギレンホールはちょっとブサイクというか、アホっぽくてあまり筆者の好みではありません。なんかアメコミに出てきそうな凹凸をした顔立ちだなあと。タレ目でちょっとタヌキ顔かな?ジョーカーがレイチェルを前にしていい女だという場面には少し首を傾げました。

ちなみに彼女の弟、ジェイク・ギレンホールも俳優で、前述した「ブロークバック・マウンテン」ではヒース・レジャーの恋人役(同性愛を描いた映画なので)を熱演しています。

弟さんの方は大好きです。「遠い空の向こうに」「ドニー・ダーコ」「ブロークバック・マウンテン」などなど筆者のお気に入り映画の主演をたくさんしています。目鼻立ちがはっきりとした顔立ちで繊細な表情がうまいです。

遠い空の向こうに [DVD]

ドニー・ダーコ [DVD]

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]

 

正義と悪

本作を観るといろいろと考えさせられます。もちろん純粋にアクションだけとってきても面白いんですけど、それだけじゃあもったいないっていうくらい良く出来たお話なんですよね。

やっぱりこの世から悪はなくならないのかなあ、なんて思います

いくら正義が台頭してもそれに呼応するように悪が現れて、正義を行使していたはずの人間も憎しみやお金で簡単に悪へと変貌する。終わることのない正義と悪の不毛な戦い。悪は永遠に尽きませんし、正義があるからこそ悪があるとも言える。きっと人間は誰もがトゥーフェイスなんでしょう。皆自分が大切ですからね。でも救いもあります。誰もが悪の心を持つように正義の心も皆持っているんだと思わせてくれる展開もちゃんとあったりして、そこらへんうまいなあと感心しました。

バットマンには覆面という逃げ道がありますから悪堕ちの危険性は少し薄いかもしれません。プライベートは別の人間として振る舞えますから、いくらバットマンが嫌われ憎まれたところでそれはブルースその人に対する悪意ではありません。しかしいくら覆面をしているとは言え生身の人間であることは確かなんですよね。だからその正義感にもブレが生じますし、愛する人と街の英雄のどちらかの命を選べと言われたときに冷静になることはできない。

ヒーローってカッコよくて超人的な肉体と精神力を持って、その身を犠牲に人類を守ってくれる存在。そんな風に漠然と思っていたのは間違いだったと実感させられます。あいつなら何とかしてくれる、ピンチのときには助けに来てくれる、なんて都合よく言ったりして、ヒーローという存在に全ての汚れを押し付けてるだけなのかもしれません。

なんで俺身体ボロボロにしてまで他人のために頑張ってるんだろうなんてきっと思いますよ。筆者なら確実に思ってます。

それでも正義を貫こうとするバットマンに胸が震えますし、応援したくもなります。前作バットマンビギンズを観ているとなおのこと感情移入できるでしょう。

ただ、正義が強大になるほど悪の力も増していき、それを倒すために更なる力をつけなければならない、という構図はとても皮肉だなあと思いました。まるで核の力や圧倒的軍事力で全てを抑えこむ大国のようで、正義の名の下であれば何をしてもいいのか?と疑問が生じます。本作でバットマンは遂に通信傍受システム「エシュロン」にまで手をつけてしまいます。ジョーカーを追い詰めるためとはいえ、あまりに強大すぎる力。

悪を根絶するためにバットマンは何を選ぶのか。

結末には唸りました。

最後に

いやあ素晴らしい映画です。筆者は3度も観返してしまいました。是非観て欲しいですね。特に最後の一言は鳥肌もの。

それにしてもノーラン監督はホントに凄腕ですね。完璧主義かつバランス感覚も良い稀有な監督なのではないでしょうか。

前作とともに本気のオススメ作です。

前作バットマンビギンズの記事はこちらです

ad

関連記事

【映画の感想】『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 日本のライトノベル原作、話題のハリウッド映画を3D+4DXで!

死のループに囚われた兵士の物語 4DXによる圧倒的臨場感を体験してきました!  

記事を読む

【映画の感想】『ピンポン』 若かりし窪塚洋介のアイキャンフライ!爽やかな気持ちになれる卓球青春映画

  卓球に捧げる青春! 高校生たちの「才能」と「努力」の物語  

記事を読む

【映画の感想】『GODZILLA ゴジラ』 2014年アメリカ版ゴジラ最新作!

日本が誇る名作映画シリーズのハリウッドリメイク版!   その出来は如何に!? &nb

記事を読む

【本(映画)の感想】『スカイ・クロラ』シリーズ 森博嗣による謎多き小説、読後にきっと、もう一度読みたくなる!

  ただ、飛び続けたい。      

記事を読む

【映画の感想】 『ゴジラ(1954)』ゴジラシリーズの原点にして頂点!

人間が産み出した恐怖の象徴!   ただの怪獣パニック映画じゃないんです &nbs

記事を読む

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。   夢に潜る、驚異の映像美   イン

記事を読む

【映画の感想】 『バットマン ビギンズ』 文句なしの面白さ!

新生バットマンシリーズ第一作   如何にしてバットマンは誕生したのか  

記事を読む

【映画の感想】『バグダッド・カフェ』 映画史に残る1987年の名作映画、出会いできっと人生は変わる

  砂漠に佇むさびれたカフェ うまくいかない人生に、優しい出会いを  

記事を読む

【映画の感想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』 最先端のCG技術が炸裂!

新キャストで送る最高峰の映像娯楽!   ※頭を空っぽにしてご覧下さい  

記事を読む

【映画の感想】『タイタニック』 これぞエンターテイメント!全てが最高峰の超傑作映画!

  旅の青年と貴族の娘が織り成す、沈みゆく船での4日間の物語  

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

【漫画の感想】『ダンジョン飯』(1~2巻) 美味しそう、面白い、そして興味深い!

ダンジョン内部で自給自足! 古典ファンタジー × 料理 = ???

【音楽の感想】Michael Buble – 『Crazy Love』 (2009) 4thアルバム

 高い歌唱力による、大人の音楽   Crazy Lo

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。   夢に潜る、驚異の映像美

【映画の感想】今更ながら『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てみた

 SFの古典とも言える名作映画   機械と人間の境界はど

【映画の感想】『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』茜さん×近接格闘×煙草。

人気TVアニメシリーズ、待望の劇場版!   秩序と安全の

→もっと見る


PAGE TOP ↑