*

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。

 

夢に潜る、驚異の映像美

 

インセプション [DVD]

インセプション [DVD]

 

今回は「インセプション」です。

筆者も完全に失念していた、レオナルド・ディカプリオ出演映画特集の第3弾になります。(詳しい経緯は、以前の記事「ディパーテッド」の書き出し部分をご参照ください)

4か月に1本ペースって、このままの投稿速度で進んだ場合、この特集は果たしていつ完走することやら……。まあ、気が向いたときにでもゆっくりと書いていきます。

正直、最高の映画です。これぞエンタメ!と言わざるを得ません。

筆者には「インセプション」を無性に観たくなる瞬間が、決まって半年ごとに訪れるんです。季節が変わってしばらくすると唐突に「あ、インセプション観なきゃ」と脳みそが勝手に信号を出すんで、特別意識することもなく、何の疑問さえ抱かずに、自然と手が伸びてしまうわけです。何かの病気でしょうか、不思議です。

因みに筆者の友人は、2週間に1回は「トランスフォーマー」シリーズのどれか(アニメでもOK)を観ないと禁断症状が出てしまうと言っていました。すると、私のインセプション病も世間では割とメジャーな症状の一つなのかもしれません。

というわけで、冬至を超えて雪が降り寒さも極まってきた今日この頃になって、やはり今年も例の症状が顔を出し、無意識のうちにブルーレイを再生していました。そして前半30分ぐらいが過ぎたころにようやく、レオナルド・ディカプリオ出演映画特集を思い出すに至ったわけです。この病気がなければきっと、こんな思い付き特集のことなどすっかり頭の中から消え去っていたことでしょう。感謝です。

前置きはこれくらいにして、早速感想に移ります。

超有名映画ですし、考察やストーリー解説のブログなんて星の数ほどあるでしょうから、今回はかなりライトな感じで行きたいと思います。何度も観てるんで決してフレッシュな感想ではありませんね、たぶん。

  • レオナルド・ディカプリオかっこいい
  • 1シーンのアクションだけでも十分濃密かつ編集がすごい
  • 少年の妄想のようなお話をクールに仕上げる手腕
  • 夢の創造なんてクリエイターにとって最高の映画だったはず、筆者も参加したかった
  • 何度観てもわからんもんはわからん、むしろそんなんどうでもいい
  • ストーリーの構造が難解ですって?え?ごめんよく聞こえない
  • 圧倒的スケール感と映像の妙
  • お金かけ過ぎ
  • 俳優陣だけでご飯25杯くらいいけそう
  • 渡辺謙渋い
  • ノーランはやはり天才
  • 脳みそどうなってるのか、もはやノーランの夢に一度潜ってみたい
  • ついでにエレン・ペイジちゃんの夢も覗いてみたい
  • そしたらどんなアイデアをインセプションしちゃおうかなあ
  • 夢の中での彼女とのキスがこの映画のハイライト
  • レオナルド・ディカプリオじゃなくてエレン・ペイジ特集にすればよかった
  • やっぱり何度目の視聴でも面白い

 

ええ。お察しの通り、適当です今回。

あらすじと難解と言われる理由

主人公のコブ(レオナルド・ディカプリオ)は他人の夢に侵入して重要な情報を盗み出す雇われドロボウ。ある日、大企業のトップであるサイト―(渡辺謙)に、競合会社の社長の御曹司にとあるアイデアを植え付ける”インセプション”の仕事を依頼される。その危険性を知るコブは迷うものの、大きな見返りを条件に承諾。最強のメンバーを集めていざ深い夢の中へと潜り込むのであった……。

と、非常にチープなあらすじで申し訳ありません。

どこが難解なんだよ!と怒る方は一度観てください。夢のなかで夢を見て、その夢で夢を見て、一個上の階層の夢で起きた出来事が一個下の階層に影響したり、急にここで死んだら虚無に落ちるとか言われたり、それはもうスピーディーに話が進んで行くので、初見ではまず混乱します。え?簡単でしょ?って言う方は、まずちゃんと映画を観てないのではないでしょうか。ホントに細かいところまで理解しようとする様々な矛盾が生じてくるんでその内に思考が飽和します。

深く潜るほど時間が倍々に長くなるってのはユニークで面白い設定ですが、これが諸悪の根源だったりします。上層のキックで起きる。下層の死亡で起きる。それを繰り返してほぼ同時に連続的に起きるとか、より深く潜って時間を稼ぎつつ丁度いいタイミングで戻ってくるから君はここで待っててとか、ここはあいつの夢の中だけど潜在意識は共有してるから云々とか、さらには電気ショックで蘇生するなんてでてきて、混乱は加速します。

加えて、虚無(英語では”linbo”)とかいう日本人には馴染みのない概念が出てくることも原因の一つでしょう。これを虚無と訳したことには賛否両論あるようですが、それはおいといて、limboとは、簡単に言うと地獄でも天国でもない場所のことです。日本語では地獄の周辺と書いて辺獄と訳すそうですが、この単語を聞いてキリスト教の人達がイメージする光景は、筆者にもよくわかりません。なんで夢に潜りすぎるとそのリンボーとやらが出てくるのか?と疑問に思う方は、宗教学やら歴史的背景までご自分で調べてくださいませ。

でも、そんな細かいことは考えなくてもいいと思うんです

ブロマイド写真★『インセプション』レオナルド・ディカプリオ&ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

ブロマイド写真★『インセプション』レオナルド・ディカプリオ&ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

考えるな。感じろ。と言いたくなるくらい映像がよくできているんで、なんだか難解だなあ、と思いながら単純に楽しめばいいんです。何かが引っかかった際には「まあ夢の中の出来事だし」と、魔法の言葉を口ずさめばあらゆる疑問は解決されます

ですが、インセプションを観て簡単だと豪語する人には、なんとなく嫌な印象を覚えるのはどうしてなんでしょう。難解であることを容認してから、考えることを放棄して楽しんでほしいなと思うわけです。もう筆者も何が言いたいのかよくわかりません。楽しみ方は人それぞれです。ごめんなさい。

圧巻のアクションシーンと映像美

見所はなんといっても、映像。

何でもアリな夢の中をどう映像にするのか、制作陣の手腕が試されますが、そのアイデアと完成度が本当に素晴らしいです

日本の城のようなモダンな和風建築の中での立食パーティー。回転する部屋や無重力のホテルでの格闘。エッシャーのだまし絵のような階段。二つに折りたたまれたパリの街。雨のロサンゼルスでのカーチェイスと道路を削りながら突っ込んでくる列車。雪山の要塞での銃撃戦。波に浸食される氷河のように崩れ去るビル。時代も様式も異なる建造物が格子状に並ぶ街。

もうこれらをただ眺めるだけでも十分ワクワクしますし、登場人物たちが夢の世界の魅力に取りつかれるのもわかる気がします。

ちなみに筆者のお気に入りは、夢の夢の中での傾くバーのシーン。グラスの中の水は傾くのに、グラスや椅子などは転がっていかないという違和感の表現がうまいなあと思います。あれなら確かに、ここは夢の中だ、と御曹司も納得するでしょう。でも20度以上は傾いてると思うんですけど、よく自然に耐えてるなと毎回感心しています。

ホテルでの格闘は無重力シーンも含めてほぼ実写で撮影しているそうですすごい

夢の中だからCGでもいいかってなりそうなところを、実写にこだわって撮影し、さらにCGや映像処理もうまく組み合わせるという、作品に対する高い意識が良いですよね。おかげで視聴者はより夢の世界に入り込めます。

何度観ても面白いのはきっとこういう細かなこだわりの積み重ねあってのものなんだろうなと感服の極み。

それにしてもたった数分のワンシーンにお金かけすぎじゃないですかね

エッシャーの描いたペンローズの階段を実際に建築するだけで、一体いくらしたんでしょうか。これが総製作費の1億6千万ドルの貫録ってやつですね。

The Magic Mirror of M.C. Escher (Taschen 25th Anniversary Series)

The Magic Mirror of M.C. Escher (Taschen 25th Anniversary Series)

豪華俳優陣の嵐

レオナルド・ディカプリオ。ジョゼフ・ゴードン=レヴィット。マリオン・コティヤール。エレン・ペイジ。トム・ハーディ。キリアン・マーフィー。ピート・ポスルスウェイト。マイケル・ケイン。

こんな人達と肩を並べて出演しているのが、ケン・ワタナベ

ブロマイド写真★『インセプション』/道路のキャスト6人/レオナルド・ディカプリオ、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、渡辺謙、エレン・ペイジ

ブロマイド写真★『インセプション』/道路のキャスト6人/レオナルド・ディカプリオ、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、渡辺謙、エレン・ペイジ

もし筆者がこの中にいたら1秒も経たずに脳みそが沸騰して爆発するでしょうね。すごいです渡辺謙さん。しかも監督の希望で、サイト―は初めから渡辺謙さんの当て役だったというのだから驚きです。日本人である必要性はないにもかかわらず、そのためだけに日本人という設定にしたんだとか。

でも、バットマンシリーズと俳優被りまくってます。ノーラン監督って、一度使った俳優を繰り返し起用するタイプなんですかね?ダークナイト・ライジングのマリオン・コティヤールを観てから、彼女が出てくるとあの絶妙にアンバランスなイメージを思い出してしまうというか、ほんの少し笑いがこみあげてくるようになってしまったのは内緒です。

それはそうと、筆者はエレン・ペイジが大好きです。

好きな女優の中ではかなり上位にランクインしてきます。いかにもなハリウッド女優ではなく、自然体でナチュラルボーンな雰囲気が好きなんですかね。インセプションでは、夢の世界をディティールまで想像し創り上げる、”設計士”の役柄ですが、これまた結構はまっています。好奇心が強く想像力豊かで頭の回転が速い美術センス抜群の大学生を、いつも通り自然に演じています。

彼女の唐突なキスシーンは外国人に好評だそうです。ウィットに富んだ軽いやりとりって好きですよね、彼ら。もちろん筆者もあのシーンが大好きなんですが、できることならジョゼフ・ゴードン=レヴィットになりたいと、観る度に切望しています。

彼女の出演映画で一番好きなのは「ローラーガールズ・ダイアリー」。エレン・ペイジの急激な成長を眺めるだけの素晴らしいスポ根映画です。

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]

ラストの解釈

少々ふざけすぎたので真面目なことも言っておきましょう。軽いネタバレになってしまうかもしれませんので嫌な方はこの先は見ないでくださいね

インセプションを語る上で避けては通れない話題ですが、皆さんはラストシーンをどう解釈されているんでしょうか。

映画に限らずですけど、作品の解釈なんて要は観る側の自由なんで、これが答えだってのが劇中で明確に示されないのであれば、人それぞれなんですよね。これに関しては好みが別れるとは思いますが、そういった自由をあえて設けてくれる作品は結構好きだったりします。

インセプションの場合、コマが回り続けるのかそれとも失速して転がるのか、つまりそこは現実なのか夢なのかという判断が下されないままエンディングを迎えます。なんだか後味が悪いと思うかもしれませんが、そこが現実でも夢でも対して違いはない気がします。というのも主人公のコブが辛い過去を乗り越えて、幸せな生活に戻れていればそれでいいですからね。コブは最後に子供たちを抱きかかえ、コマの行方なんて見てませんし、つまりはここは夢だここは現実だなんていうことで辛い出来事から目を背けてきた彼の、葛藤からの解放を意味しているのではないかと思うわけです

と筆者は勝手に解釈しています。

本筋だけを追えば夢の中での闘いを描いたアクションSFですが、内包するテーマは主人公の成長ですので、こう解釈するのが自然かなと思いました。

最後の最後にはコマの軸が少しぶれ始めているように見えなくもないですけどね。

ブロマイド写真★『インセプション』レオナルド・ディカプリオ/銃とトーテムを持つ

ブロマイド写真★『インセプション』レオナルド・ディカプリオ/銃とトーテムを持つ

でも、あそこは実は夢で、現実のコブはまだ過去に向き合えずにただ逃避しているだけ、なんていうダークな終わり方もいいと思います。

まあこういう議論も想定済みなんでしょう。ホントに憎い終わらせ方をしますね。

夢か現実か、と聞くと「胡蝶の夢」を連想します。ここは実は夢なんじゃないか?という誰もが共感できる普遍的な疑問、簡単に言えばあるあるネタを組み込んでくるというのも上手いですね。ノーラン監督という人は、人間が何に興味を示しそれをどう提示すれば効果的に映るのかが、明確に理解できているんでしょう。少々持ち上げすぎに見えるかもしれませんが、言われてみれば確かにと頷けるような簡単なことを、そつなく緻密にやってのける才能の持ち主だと筆者は思っています。

まさにそれこそ、彼がヒットメーカーたる所以でしょう。

最後に

適当とか言いつつもまあまあな文章量になってしまいました。リラックスして書けたからかもしれませんが、筆の進む作品は良いですね。

音楽にザ・スミスのギタリストのジョニー・マーが参加しているとか、その後の世界はどうなったんだよとか、あの夢に入る装置なんなんだよとか、アーサーとイームスのくだらない小競り合いが好きだとか、探せばまだまだ話題は尽きないわけですが、語りすぎるのもアレなんでここらへんで抑えておきましょう。

レオナルド・ディカプリオ出演映画特集第3弾、完了です。

皆さんもインセプション病になってみてはいかがでしょう。

インセプション
Inception
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
製作 エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
製作総指揮 クリス・ブリガム
トーマス・タル
出演者 レオナルド・ディカプリオ
渡辺謙
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
マリオン・コティヤール
エレン・ペイジ
トム・ハーディ
キリアン・マーフィー
トム・ベレンジャー
マイケル・ケイン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 イギリス 2010年7月13日(ロンドン・プレミア)
アメリカ合衆国 2010年7月16日
日本 2010年7月23日
上映時間 148分
製作国 アメリカ合衆国 イギリス
言語 英語
製作費 $160,000,000
興行収入 $292,576,195 アメリカ
$825,532,764 世界
35.0億円 日本
(引用 Wikipedia)

ad

関連記事

【映画の感想】 『ゴジラ(1954)』ゴジラシリーズの原点にして頂点!

人間が産み出した恐怖の象徴!   ただの怪獣パニック映画じゃないんです &nbs

記事を読む

【映画の感想】 『ダークナイト』 宿敵”ジョーカー”の登場により闘いは加速する

バットマン ビギンズを超える面白さ   娯楽的でもあり哲学的でもある至高の映画 &n

記事を読む

【映画の感想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』 最先端のCG技術が炸裂!

新キャストで送る最高峰の映像娯楽!   ※頭を空っぽにしてご覧下さい  

記事を読む

【映画の感想】 『ディパーテッド』 豪華俳優陣による良リメイク?それとも……

2転3転する展開に息もつかせぬ駆け引き   長い戦いの果てに得るものは、、、 &nb

記事を読む

【本(映画)の感想】『スカイ・クロラ』シリーズ 森博嗣による謎多き小説、読後にきっと、もう一度読みたくなる!

  ただ、飛び続けたい。      

記事を読む

【映画の感想】今更ながら『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てみた

 SFの古典とも言える名作映画   機械と人間の境界はどこに?  

記事を読む

【映画の感想】 『バットマン ビギンズ』 文句なしの面白さ!

新生バットマンシリーズ第一作   如何にしてバットマンは誕生したのか  

記事を読む

【映画の感想】『タイタニック』 これぞエンターテイメント!全てが最高峰の超傑作映画!

  旅の青年と貴族の娘が織り成す、沈みゆく船での4日間の物語  

記事を読む

【映画の感想】『GODZILLA ゴジラ』 2014年アメリカ版ゴジラ最新作!

日本が誇る名作映画シリーズのハリウッドリメイク版!   その出来は如何に!? &nb

記事を読む

【映画の感想】『バグダッド・カフェ』 映画史に残る1987年の名作映画、出会いできっと人生は変わる

  砂漠に佇むさびれたカフェ うまくいかない人生に、優しい出会いを  

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

【漫画の感想】『ダンジョン飯』(1~2巻) 美味しそう、面白い、そして興味深い!

ダンジョン内部で自給自足! 古典ファンタジー × 料理 = ???

【音楽の感想】Michael Buble – 『Crazy Love』 (2009) 4thアルバム

 高い歌唱力による、大人の音楽   Crazy Lo

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。   夢に潜る、驚異の映像美

【映画の感想】今更ながら『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てみた

 SFの古典とも言える名作映画   機械と人間の境界はど

【映画の感想】『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』茜さん×近接格闘×煙草。

人気TVアニメシリーズ、待望の劇場版!   秩序と安全の

→もっと見る


PAGE TOP ↑