*

【映画の感想】『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』茜さん×近接格闘×煙草。

公開日: : 最終更新日:2015/01/20 アニメ, 映画 , , , , ,

人気TVアニメシリーズ、待望の劇場版!

 

秩序と安全の輸出の先には?

 

【映画パンフレット】 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス パンフレット  【PSYCHO-PASS サイコパス写真付き】

【映画パンフレット】 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス パンフレット 【PSYCHO-PASS サイコパス写真付き】

人気アニメシリーズ待望の劇場版。早速観てきたわけですが、正直かなり面白かったです!

今回の劇場版では、これまで語られるだけだった日本国外が舞台となります。

アクションは激しくてカッコいいし、いつもの社会派な知的会話も健在だしでTVアニメシリーズが好きなら見て損はないと思います。社会の在り方とかどうでもいい人は、映像を直感で楽しむだけでも十分ですね。

ちょいネタバレ入るので嫌な人は今すぐ劇場に行くことをお勧めします!

大体の感想は以下の通り。

  • アクション&アクション&アクション
  • 冒頭から迫力の映像でしびれた
  • 茜さんタフすぎさすが
  • 攻殻機動隊のオマージュ?的な戦地での白兵戦
  • テンポ良く飽きない展開の早さ
  • TVシリーズでは出なかった兵器やガジェット多数
  • 夕焼けのシーンや暗闇の戦闘や逆光など光の映像表現がすごく良い
  • OPかっこいい
  • 宜野座さんポニーテールで後ろ髪を結う前に前髪を切ってください
  • 霜月監視官のドヤ顔……うぜえ
  • 雑賀先生の洗練されたセリフ回し相変わらず素晴らしい
  • ちょっと気になる現地人の英語
  • そして待望の狡噛あっさり登場!(ネタバレ反転)

総合すると大満足の2時間でした。

なかなかアニメ映画って当たり外れが大きいイメージがあって、映画館に行っても「観に行って良かった」って手放しで喜べる作品って少ないんですよね。だから結構腰が重くなっちゃうことが多いんですけど、これはホント大画面で観て良かったです。

上にも書きましたが光の映像が良いんですよ。茜さんが海外で体験する一連の事件の時間変化が、背景の光で直感でわかるようになっていて、さらにその使い方が上手い。特にだんだんと日が暮れていくシーン。辺りの光度の変化と会話内容がリンクしていて丁寧で渋いシーンでした。戦闘は暗い場面も多いんでやっぱ劇場で観た方がいい気がします。

海外へ

舞台は東南アジアとなるわけですが、これがなかなか楽しい。

これまで描かれなかった日本国外ってこうなってるのか……と驚きだらけ。

海外はどこもかしこも戦場。そんな最悪の環境で動物のように生きる人々を見せられると、日本の中であーだこーだやってても、なんだかんだでシビュラに支配されている人々は安全の保障された生活を享受していると嫌でも実感させられ、海外との対比からシビュラシステムを認めざるを得ない気持ちにさせられます。

ドミネーターなしでどこまで戦えるのかも見どころの一つ。

いつも頼っていた機械のない状況に筆者は不安を感じましたが、茜さんはタフなんでさすが平気そうです。いつの間にそんな格闘術を……一期の初々しい彼女はどこへ行ってしまったのか。

公式予告はこちら(音量注意)↓

 

うーん何度観てもわくわくする予告。

時期的にはTVアニメ2期の後になります。なので、1係のメンバーは、茜、霜月、宜野座、六合塚、雛河、須郷の6人です。雑賀先生としおんさんももちろん登場。

でも基本的に茜さんの単独行動なんで、1係全員の活躍は冒頭の戦闘だけです。いや、その冒頭もめちゃくちゃカッコいいんですけど、2期からしばらくたった雛河君や須郷さんの会話をちょっと期待していたんで少し残念。でも茜さんの格闘見られたんでよしとします。

雑賀先生は相変わらず渋いしカッコいい。予告にもでてくる彼のセリフがその後の展開に期待と不安を煽ってきて印象的。

しおんさんはいつも通りエロい、そして有能。

新キャラも結構でてきます。I’m ニコラス・ウォン。海外だからでしょうが、今までのサイコパスシリーズにはいなかったキャラばかりでなんとなく攻殻機動隊を思い出しました。義足義手ブーストはもはや別アニメに見えなくもない。

狡噛慎也と槙島聖護

社会を変革させるという高い目的意識と人々の心を掴み扇動するカリスマ性。1期の核だった狡噛と槙島の共通点とその対比が再び描かれます。

筆者的にTVシリーズ1期はかなり面白かったんですが、2期は少し微妙に感じました。というのも1期では二人のカリスマの対比が上手く描かれていたので悪役でさえそのキャラクターを好きになれましたが、2期はそこの表現が甘かったと思います。社会における個人と集団の対比というのは1クールで表現するには重すぎるテーマだったのかなと。カムイキリト君の人物描写も不十分でしたし。

と考えている筆者にとって、劇場版で狡噛と槙島の対比がでてきたときは嬉しかったですね。

PSYCHO-PASS -サイコパス- クリアファイル 【狡噛慎也&槙島聖護】 天野明・虚淵玄

PSYCHO-PASS -サイコパス- クリアファイル【狡噛慎也&槙島聖護】天野明・虚淵玄

劇場は1期さえ見ていれば問題ないですね。雰囲気も1期に近いですし。特に2期の事柄に関する言及はないので、2期の方が好きだった人は微妙に感じるのかな?

それにしても、サイコパスの人達は脳内会話が得意ですね。

アクション&アクション

なんといっても見どころはアクション。新兵器もいいんですが、格闘戦がなかなか良い。きっと実際の格闘映像からアニメにおこしているんでしょう。派手な殴り合いではなくちゃんとリアルで重たい格闘がみられます。そのこだわり様にスタッフによほどの格闘マニアがいらっしゃると見えます(実際は知りません)。

こういう格闘シーンって実はアニメならではのところがあると思います。

もちろん実写でも可能なんですけど、茜さんのような見た目はか弱い女の子に鍛錬された格闘技をやらせるのはアニメならではですよね。しかも長回しで。

ドンパチだけでも十分完成度の高い映画です。

でもやっぱり義手義足ブーストは反則。

安全と秩序の輸出

シビュラシステムの国外輸出が物語の発端なんですが、このテーマは1期の続きって感じですね。

社会全体の幸福を考えそれを達成するための効率的な手段を取るシビュラシステム。安全と秩序の輸出の先に払われる犠牲は?価値基準の押し付けは幸福と言えるのか?

シビュラの考える幸福な社会の構築と、茜さんの考える幸福な社会の在り方が対比になります。

その最後は希望を感じさせるようで皮肉的。

虚淵さんはこういうロジカルな脚本が本当にうまい人だなと思います。

本の引用

冒頭ででてくるのはマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」

いいですよね、本の引用。1期とのつながりが感じられます。

失われた時を求めて〈上〉

失われた時を求めて〈上〉

あと後半の傭兵の黒人がフランツ・ファノンを引用してましたけど、内容は忘れました。皆さん劇場で確認してください!

最後に

何度も言いますけどほんとに面白いです。

3期の作製を確実なものにするために、ちゃんとお金を落としましょう。

上映している劇場が意外に少ないので注意です。なので、私が観たときは400人程度のキャパでもほぼ満員でした。

あと意外だったのは、観客の年齢層が高めなことですね。大学生ばかりかと思ったら、主婦のような方々や高齢の方まで幅広い人気があるんだなあと思いました。

皆さん劇場に行きましょう。

 

ad

関連記事

【映画の感想】今更ながら『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てみた

 SFの古典とも言える名作映画   機械と人間の境界はどこに?  

記事を読む

【映画の感想】『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 日本のライトノベル原作、話題のハリウッド映画を3D+4DXで!

死のループに囚われた兵士の物語 4DXによる圧倒的臨場感を体験してきました!  

記事を読む

【映画の感想】 『バットマン ビギンズ』 文句なしの面白さ!

新生バットマンシリーズ第一作   如何にしてバットマンは誕生したのか  

記事を読む

【映画の感想】『GODZILLA ゴジラ』 2014年アメリカ版ゴジラ最新作!

日本が誇る名作映画シリーズのハリウッドリメイク版!   その出来は如何に!? &nb

記事を読む

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。   夢に潜る、驚異の映像美   イン

記事を読む

【映画の感想】『タイタニック』 これぞエンターテイメント!全てが最高峰の超傑作映画!

  旅の青年と貴族の娘が織り成す、沈みゆく船での4日間の物語  

記事を読む

【映画の感想】 『ディパーテッド』 豪華俳優陣による良リメイク?それとも……

2転3転する展開に息もつかせぬ駆け引き   長い戦いの果てに得るものは、、、 &nb

記事を読む

【アニメの感想】『アルドノア・ゼロ』(一期) 話題のアニメ!その出来は……?

――宣戦を布告する   袂を分かった火星と地球の戦争が始まる  

記事を読む

【アニメ(漫画)の感想】『プラネテス』 日本が誇る名作SF!例え宇宙でも、なぜ人は愛を求めるのか

  宇宙で生きる人々の「孤独」と「愛」 境界のない世界で人は何を思うのか? &nbs

記事を読む

【本(映画)の感想】『スカイ・クロラ』シリーズ 森博嗣による謎多き小説、読後にきっと、もう一度読みたくなる!

  ただ、飛び続けたい。      

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

【漫画の感想】『ダンジョン飯』(1~2巻) 美味しそう、面白い、そして興味深い!

ダンジョン内部で自給自足! 古典ファンタジー × 料理 = ???

【音楽の感想】Michael Buble – 『Crazy Love』 (2009) 4thアルバム

 高い歌唱力による、大人の音楽   Crazy Lo

【映画の感想】『インセプション』何度でも観たくなる面白さ。難解?そんなの気にしない!

――アイデアを植え付けろ。   夢に潜る、驚異の映像美

【映画の感想】今更ながら『ブレードランナー ファイナル・カット』を観てみた

 SFの古典とも言える名作映画   機械と人間の境界はど

【映画の感想】『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』茜さん×近接格闘×煙草。

人気TVアニメシリーズ、待望の劇場版!   秩序と安全の

→もっと見る


PAGE TOP ↑